SSブログ
PIXTA(写真販売中) http://pixta.jp/@toshistyle/

フォト蔵 http://photozou.jp/photo/top/1918725/

懐かしのソニー製品 ブログトップ

懐かしのソニー製品 VAIO NOTE XR9S その3 周辺機器編 [懐かしのソニー製品]

今回はVAIO NOTE XR9Sの周辺機器をご紹介します。

パワーアップステーション
_D3S6376
_D3S6378
これを装着することによりデスクトップPCにも引けを取らない拡張性を手に入れることができました。

FDDドライブ
_D3S6391
_D3S6382
写真はCD-RWドライブと同時使用時の接続方法です。

_D3S6407
_D3S6395
通常は使用したいドライブを差し替えて使用します。

持ち運び時にACアダプターやドライブ類を収納するケース
_D3S6398
_D3S6410
_D3S6404
カタログの説明によりますとアクセサリー類をコンパクトに収納し外出時以外にも引き出し
に収納したり格好よく雑誌と並べてみたりする為のケースだそうです。(^_^;)

このVAIOは私の初めてのVAIOでありwindows搭載機です。
これを購入するまではずっとmacを使っていたのですが、大学でwindows搭載機が必要
になったのとインターネットをしたくなったので購入しました。
ほんとこのギミックといいデザインといいこの当時のVAIOはほんと個性があって格好いい
ですね~(・∀・)最初はレビューして終了のつもりだったのですが、ちょっといじってみたく
なりましたのでSSD換装・メモリ増設・98→XP化までやってみようと思います。
というわけで次回 XR9S SSD換装編に続く。 


懐かしのソニー製品 VAIO NOTE XR9S その2 [懐かしのソニー製品]

昨日の続き

背面
_D3S6364
VAIO XRシリーズの特徴であるインタークーラーフラップが開いている場合 パワーアップステーション/FDドライブ接続コネクタ 外部ディスプレイコネクタ USBコネクタ DCIN と左上部に赤外線通信ポート

前面
_D3S6368
_D3S6421
_D3S6428
パンタグラフ式でキーストローク3mmのキーボード ジョグダイヤル インテリジェントタッチパッド

インターフラップ
_D3S6416
この構造は効率的に吸排気を行うための機構なんですが、この機構のお陰で絶妙に
キーボードに角度がついてくれて非常にキーが打ちやすいです。

周辺機器編へ続く

タグ:XR9S VAIO NOTE

懐かしのソニー製品 VAIO NOTE XR9S その1 [懐かしのソニー製品]

今回はSONYのVAIO NOTE PCG-XR9Sをご紹介したいと思います。

2000年2月発売

スペック
CPU モバイルPentiumⅢ 650MHz
メモリー 128MB
HDD 18GB
ディスプレイ 14.1型


_D3S6356

左側面
_D3S6361
PCカードスロット iLINK端子 バッテリーベイ モジュラージャック

右側面
_D3S6362
マルチパーパスベイ マイク入力端子 ヘッドホン端子

フォト蔵の調子が悪く写真がUPできないんで、次回に続く(^_^;)


懐かしのソニー製品 SO505i [懐かしのソニー製品]

今回はソニーエリクソンSO505iをご紹介したいと思います。

2003年発売

スペック
サイズ 約105×50×33mm
重量 約145g
連続通話時間 約140分
連続待受時間 約400時間
充電時間 約140分
ディスプレイ 262,144色表示 半透過型低温ポリシリコンTFT液晶
256×320ドット(2.2インチ)
表示文字数 20文字×19行、17文字×7行、15文字×5行
メモリダイヤル 1,000件(1件につき3番号・3アドレス)
ボディカラー サイバーシルバー、サイバーホワイト、サイバーブルー


_D3S5276.JPG

デイスプレイ部分が回転します(1回転はしません)
_D3S5287.JPG

右側面
_D3S5280.JPG
シャッターボタン イヤホンジャック MSDuoスロット

左側面
_D3S5282.JPG
キーロックスイッチ


_D3S5284.JPG
スライドカバーを空けるとレンズと自分撮り用のミラー

この機種はカラーリングとサイズ感が気に入ってSO902iが新規で0円になるまで使って
ました。この頃はデジカメにこだわりとか全然なかったので普通のデジカメと変わらない
操作性が便利で写真はすべてこれで済ませてました。
両親も同じ機種の色違いを持ってましたので、この機種は全カラー揃ってました(笑)

懐かしのソニー製品 FDL-S22 バンジー [懐かしのソニー製品]

何で買ったかいまいち思い出せない、謎の珍品 液晶テレビ FDL-S22 バンジーです。

1995年発売

主な仕様

受信方式 NTSC
受信チャンネル VHF 1~12 UHF 13~62
アンテナ VHF/UHF ストラップアンテナ
画面サイズ 2.2インチ
表示方式 透過型TN液晶パネル
スピーカー 28mm丸型
音声出力 0.13w
ヘッドホン端子 ステレオミニジャック(モノラル)
電源 DC 6V
質量 210g(電池含まず)

外観
_D3S5254.JPG
曖昧な記憶ですが、VangeeのVの字をモチーフとしたデザインだったはず(汗)
ストラップ部分がアンテナになっており、首にぶら下げて外で気軽にテレビを楽しんでね
という実にソニーらしい商品です。

本体右
_D3S5256.JPG
DC IN 端子 UHF/VHF切り替えスイッチ バックライトの明るさ調整ダイヤル
ボリューム調整ダイヤルが並んでいます。

本体左
_D3S5259.JPG
チャンネルスイッチ ヘッドホン端子


_D3S5269.JPG
SONYロゴの上にある溝にストラップ先端についているプラスチックの足を
差し込んでスタンドにします。

自室にちゃんとしたTVを購入するまでの間、深夜アニメ生活を支えてくれた思い出深い
1台です。ベットに横になりながらテレビを見るために長いアンテナケーブルを利用して
電波のいい位置と楽に視聴できる体勢のちょうどいいところを工夫しながらテレビを
見ていましたね~。
今スペックを見てみるとさすがに辛いものはありますが、このデザインは古さを感じさせな
いカッコイイデザインだと思います。まさに「It's a SONY」ですね。

懐かしのソニー製品 SO504i [懐かしのソニー製品]

今回はソニーエリクソンSO504iをご紹介したいと思います。

2002年6月発売

スペック
サイズ 96×49×29mm
重量 約120g
連続通話時間 約130分
連続待受時間 約320時間
充電時間 約120分
ディスプレイ 6万5536色表示TFTカラー液晶
128×160ドット
表示文字数 8字×6行、10字×7行、12字×9行
メモリダイヤル 500件
リダイヤル・着信履歴 各30件
データ通信速度 下り最大28.8kbps(パケット通信)
ボディカラー マットブラック、ビクトリアンホワイト、バーガンディーレッド


_D3S5246.JPG


_D3S5247.JPG

ミュージックプレーヤーが搭載されているわけでもなくSO502iWMとは打って変わって
普通の携帯電話です。sofmapで新規契約の端末価格が激安だったのと、色が気に
入って購入したのですが結局1年も使わず次の機種に変更してしまいました。
やっぱりソニーらしい個性が無いとすぐに飽きてしまいますね~(笑)

懐かしのソニー製品 Discman D-335 [懐かしのソニー製品]

今回はSONYのDiscman D-335をご紹介したいと思います。

今回はネット上にも情報が少なく内容が薄いですがご勘弁を(汗)

スペック
1994年6月発売のモデル
1bit DAC搭載、音飛び防止ESP機能搭載

10数年前に近所のスーパーの家電売り場で購入しました。
_D3S5241.JPG

上蓋が金属でできており現行の機種より質感が高くお気に入りです。

ESP(電子音飛び防止技術)や光出力端子も搭載されており、なかなかの高機能です。

当時は機能とか全然理解してなくて、もってるお金で買えるグレード+SONYという
選択肢だけで購入してました。

専用の充電池の他に普通の乾電池でも使えるので今でもちょっとCDを聞きたいなと思ったときに使ってます。

懐かしのソニー製品 SO502iWM [懐かしのソニー製品]

今回は「懐かしのソニー製品」と題して古いソニー製携帯SO502iWMをレビューしたいと思います。

スペック

サイズ
(高×幅×厚) 105×50×28mm(折りたたんだ状態)
重量 約120g
連続通話時間 約100分
連続待受時間 約200時間
充電時間 約120分
ディスプレイ 120×160ドット、カラー256色液晶
データ通信速度 9.6kbps(パケット通信)
ボディカラー NULL

ミュージックプレーヤー

対応メディア マジックゲートメモリースティック(64MBのものが標準で付属)
音楽入力方法 ・オーディオ機器接続(光ミニプラグもしくはステレオミニプラグ)
対応コーデック ATRAC3(132/105/66kbps)


_D3S5098.JPG


_D3S5104.JPG

メモリースティック挿入位置
_D3S5110.JPG

付属のメモリースティック(64MB著作権保護機能(MagicGate)付き)
_D3S5117.JPG

今では携帯電話で音楽を聞くなんて普通の機能ですが、この当時めちゃくちゃ珍しくて
ドコモショップで見つけて即SO502iから機種変した懐かしい機種です。
サイズのデカサが災いしたのか周りに所有している人を目撃したことがありませんでした。
パソコンがなくても録音できてすごく便利でしかも周りに持ってる人がいないという所が
所有欲を満たす凄くいい機種でした。


懐かしのソニー製品 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます